<< 出会いをあなたは神戸では信じますか? | main | 神戸の出会いを必死に追い求める >>

出会いを好きだと思うのは神戸では珍しいことではありません

出会い

それは珍しいことではありませんが、当社が扱うものではありません。 。

"...(フアシハレ鹿サメ...)"

私が好きだと思うはずの同僚Kがいます。

 

出会い
"なぜあなたはこれを読まないのですか(髪のサメ)"

K
神戸 出会い

「まあ....

"うわー...怪我(髪の毛のカニ)?"


"あなたが食べたいものを誰が言うことができますか?"

[出会いのサメ]それはそれをぶら下げ、申し訳ありませんが、残念ですが!

K
"うーん、ハッハッハ!"


"ハハハハ!"

私はオッツ(私)とジジ(K)の間の愛らしい会話でした。

| - | 16:18 | comments(0) | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--