<< 永遠に求める神戸の出会い | main | 一度は無理をした長崎の出会い掲示板 >>

本当に大喜びだった神戸の出会い

進歩も十分に保護されており、根の太さと広がり
それは本当に珍しいです。
特に古い木造建築の下では、床はコンクリートではありません。
竹林の猛攻撃を防ぐことはできません。
人々ができることはほとんどありません...
出始めたたけのこを食べたり、成長しているたけのこを蹴り降ろしたり...
それは最高です。

わかりましたか?竹の子は堀に行かなければならない。特に現時点では。

 

というわけで今回行った
最近知り合いから学んだ廃村です。
私は元村人なので許可は大丈夫です、
廃墟の恋人として...
ワクワクしすぎてワクワクするwww

細部を省く

家と家のように山道をくぐる
もちろん通過できるのは1台の軽自動車だけです
ワクワクしながら対向車に行ってきました

どんどん行くと小さな空き地に石瓦があります。神戸の出会い
「○○村廃止記念碑」として発掘されました。

私は子供たちと一緒に降りました(彼らは決して行きません)
見回す...でも緑が多い
ただの山ですか?放棄された村はどこですか?そんな感じでした...

知人がやってきて教えてくれた

ほとんどの建物は築30年です
竹林に破壊されて倒壊し、跡形もなく神戸の出会い

「それは一体何なんだ?」

今から行く竹輪さんが、畑の手前に建物の残骸があると教えてくれて、どういうわけかオナニーが上がる♪

 

竹ノ湖と廃墟を堪能しました(/∀¥ *)

神戸の出会い

ちなみに下には川があります
それはおそらく老人によって育てられた
わさびのグループ生地で凄かったです♪神戸の出会い
言い換えれば、川の清浄度は本当に明確で危険です。


もちろん子供たちも大喜び神戸の出会い

自然に触れ、豊かさを知り、恐れる

| - | 11:14 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--